steamで購入したWizardry外伝が重すぎでゲームできない場合の対処法とは?

興味があったこと

実は最近、
steamでゲームを購入しました。

本当に久々だったんですよね。
自分用にゲームを購入したのは。

で、何を購入したかと言うと、
【Wizardry外伝 五つの試練】。

Wizardry: The Five Ordeals on Steam
Welcome to the world of simplified dungeon crawler ! This game which comes from 2006, is now available on Steam with some modern UI improvements.

この、Wizardry外伝 五つの試練は、2006年に発売された同名のタイトルのリプレイス版です。

当時はWindowsXP用として発売されていて、価格は9240円。
まあまあの値段ですよね。

それでも、Wizardry外伝シリーズのシステムを継承しているWizardryとして、その界隈ではかなり人気シリーズでした。

実は、2005年に前作、【Wizardy外伝 戦闘の監獄】が発売されており、それと同等のゲームだったんですが、五つの試練は、前作の戦闘の監獄とは異なり、

シナリオエディタに対応していたんです。

どういうことかと言うと、
【Wizardry外伝 五つの試練】を購入すると、無料でシナリオエディタツールが提供され、そのツールを使うと、自分だけのWizardryのシナリオが作成できるんですよね。

しかも、
他の方が作成されたシナリオをプレイすることもできるわけです。

この機能は、当時の僕はかなり胸踊りました。

しかし、
当時、【Wizardry外伝 五つの試練】も、【Wizardy外伝 戦闘の監獄】も、
電気屋さんやゲームショップに行っても、全然販売されていなかったんですよね。

多分、
結構、そこそこマニアックなゲームなんで、販売本数もそんなに多くなかったんじゃないかなと思います。

結局僕は、このゲームで遊ぶことを諦めたのでした^^;

よく調べてみると、ダウンロード販売もされていたようなんですが、最後まで気付きませんでした^^;

・・・まぁ、
Wizardryにハマっちゃうと、生活まで影響してくるんで、結婚して子育てしてきたここ十年ぐらい、Wizardryを諦めるという選択は、まぁ、悪くはなかったんだと思いますけどね。

過去に発売された【Wizardry外伝 五つの試練】ですが、今探してみると、まぁまぁの価格になってます。

ちょっとプレミアが付いたのかもしれませんね。

Amazon.co.jp

こちらは、戦闘の監獄+五つの試練のセット販売です。
当時の値段よりも、高くなってますね。

Amazon.co.jp

そういうことで、プレミアが付いた旧版のWizardryを確認した後、steam版を見たら、
めっちゃくちゃ安く感じるわけで・・・、

Wizardry: The Five Ordeals on Steam
Welcome to the world of simplified dungeon crawler ! This game which comes from 2006, is now available on Steam with some modern UI improvements.

そんなこんなで、steam版の【Wizardry外伝 五つの試練】を購入したわけです。

 

自分のパソコンにインストールして、いざ、プレイ!・・・とおもったら、

めちゃくちゃ重い!
動作が重い!

何が一番重いって、カーソルを選択するのがめちゃくちゃ時間がかかる!

一つ動かすだけで、5秒ぐらいかかる。

実際に、起動して、カーソルを訓練所に選択して、キャラクターを作ろうと思ったけど、動作がおもすぎて、お話にならない!

(T_T)
「せっかく購入したのに、遊べないじゃん!」

と、思ったわけですが、色々とsteam側の設定をいじってみると、動作が重いというのは解決できました。

もしかすると、僕以外にも、

(T_T)
「steamで購入したゲームが重すぎてゲームできない!」

と困っている方がいるかと思いました。

ということで、
この記事では、steamで購入したWizardry外伝が重すぎでゲームできない場合の対処法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

steamで購入したWizardry外伝が重すぎでゲームできない場合の対処法とは?

steamで購入したゲームをプレイする場合、まず、steam本体のアプリをインストールをする必要がありますよね。

実は、そちらの設定を変更することで、Wizardy外伝が快適にプレイできたんです。

まず、
Windowsのタスクバーの右下にあるsteamのアイコンを右クリックします。

すると、
購入したゲーム以外に、

  • ストア
  • ライブラリ
  • コミュニティ
  • フレンド
  • 設定
  • Big Picture
  • SteamVR
  • 終了

とメニューが表示されるので、そこから、「設定」をクリックします。

設定画面の左のリストから、「インターフェイス」をクリックすると、
「インターフェイス」に関する設定が右側に表示されます。

設定内容から、以下の設定のチェックを外します。

・DirectWriteを有効にしてフォントをスムージングと文字間距離の最適化を行う

こちらの項目のチェックを外して、「OK」をクリック。

その後、ゲームを起動してみてください。

僕は、この方法で、快適にゲームがプレイできるようになりました。

もし、あなたも、せっかくsteamで購入したゲームが遅いと感じるようであれば、今回ご紹介した設定変更を試してみてくださいね。

 

Wizardryってなによ?って方に

ちなみに、
「Wizardryってなによ?」っていう方に簡単に説明しますと、

※あっ、ここから僕が言いたい「Wizardry」について、ダラダラと語りますので、あしからず^^;

Wizardryは、アメリカのサーテック社が作成したパソコン版のロールプレイングゲームです。

日本で有名なドラゴンクエストやファイナルファンタジーのようなロールプレイングゲームに大きな影響を与えたゲームだと言われています。

最初のWizardryは1981年にAppleⅡ用のソフトウェアとして発売されましたので、かなり歴史のあるゲームなんですよね。

Wizardry本編は1から8まで発売されています。
日本でもWizardry本編は発売されていて、1,2,3はファミコン版として発売されているし、5、6はスーパーファミコン版として発売されています。

ゲームの内容を簡単に説明すると、
6人の冒険者を作って、ダンジョンを探索する3DダンジョンRPGになってます。

6人の冒険者は、様々な種族や職業から選択することができます。

種族ごとに、力や知恵といったパラメータが異なり、種族ごとに職業の向き不向きがあるわけです。

そうして作った6人の冒険者で、ダンジョンを攻略していくわけです。

・・・で、ですね。
実は、1、2、3、5のWizardryと、6、7、8のWizardryって、
全然違うゲームになってるんですよね。

Wizardry1~3、5では、拠点となる街が存在して、酒場でパーティーを組んだり、宿屋で回復+レベルアップしたり、商店でアイテムの売り買いをすることができるわけです。
そして、迷宮の謎を解いていくという流れです。

しかし、
Wizardry6~8ではそういう拠点となる街は存在しないわけです。
様々な場所を徘徊しながら、冒険を進めていくような流れになっています。

また、Wizardry6~8では登場する種族も職業も増えているんですよね。

ということで、
Wizardry1~3、5と、
Wizardry6~8では、テイストが全く異なるゲームになっているわけです。

ちなみに、
日本でもWizardryは発売されていると言いましたが、
実は、本編のWizardry1~3、5、6以外にも発売されているんです。

それが、Wizardry外伝シリーズです。

Wizardry外伝は、1~3はゲームボーイ版、4はスーパーファミコン版、
そして、Wizardry~DIMGUIL~として、プレーステーション版として、発売されています。

こちらの外伝シリーズは、おもに、Wizardry本編の1~3、5のシステムを継承したゲームになっています。

種族や職業は、6~8で登場したものを採用していますが、冒険の流れや拠点となる街が存在するなど、システム面では、Wizardry本編の1~3、5システムを元にしているわけです。

この外伝シリーズのおかげで、日本ではWizardryといえば、
拠点となる街が存在して、レベルアップは宿屋で行われて、迷宮を探索する・・・といった、システムが定着しているわけです。

・・・とまぁ、ここまでWizardyの解説をしてきましたが、実はいうと、僕もこのWizardry外伝シリーズに魅せられハマっていった1人です。

最初にプレイしたのが、ファミコン版のWizardry2で、当時小学生の僕では、到底クリアすることが出来ずに、登録した冒険者がすべて「しぼう」の状態だったのをよく覚えています。

その後、高校生になり、Wizardry外伝1が発売。そこから、外伝シリーズはすべてプレイして、どっぷりとWizardryの虜になっていきました。

その後、スーパーファミコン版の6や、プレステ版の7をやってみても、
新しいシステムのWizardryにピンとこず、

その後発売された外伝の流れをくむ、Wizardry~DIMGUIL~にどっぷりハマりまくって、僕のWizardryは終わっていたんですね。

そこからの、
steam版【Wizardry外伝 五つの試練】の発売でした。

金額の「\2682」もお手軽価格だし、久々にWizardryやりたいなと思ったわけで、
購入したんですよね。

 

まとめ

この記事では、steamで購入したWizardry外伝が重すぎでゲームできない場合の対処法をご紹介しました。

ほんとに、ひさびさに、Wizardryをプレイしました。
やっぱり楽しいですね。

昔プレイしたときよりも、UI面が優秀になっていて、とてもわかり易く快適にプレイできています。


※次回レベルアップまでの経験値とか罠成功率など、わかりやすい情報が表示されている。

昔のWizardyも既に完成されたゲームでしたが、やっぱり色々と進化しているんですね。

相変わらず、自分の強さをわからず突き進んでしまうと、即全滅に繋がってしまうシビアさも健在でした。


※訓練所でやっちゃうよね。ボーナスポイントガチャ。7は低すぎ・・・

オープニングの音楽も、ファミコン版Wizardyから流れをくむような、荘厳さを感じますね。

うーん、この雰囲気、最高なんだよね。

しばらくは、【Wizardy外伝 五つの試練】の迷宮にコツコツと挑んで行こうと思います^^

ちなみに、steam版の【Wizardy外伝 五つの試練】にも、いずれはシナリオエディタが追加される模様です。

こちらも、楽しみですね^^

steam版【Wizardy外伝 五つの試練】はこちらから購入できます。

Wizardry: The Five Ordeals on Steam
Welcome to the world of simplified dungeon crawler ! This game which comes from 2006, is now available on Steam with some modern UI improvements.

【Wizardy外伝 五つの試練】公式サイトです。
どんなゲームなのか、雰囲気だけでもつかめます^^

Wizardry外伝 五つの試練
『6』で大幅な現代化を図った後、革新的な戦闘システムで海外で非常に高い評価を得た『8』までが作られた3DダンジョンRPGシリーズ『ウィザードリィ』。同シリーズで多数が作られた、シンプルなRPGシステムのスピンオフの中でも高い評価を獲得した『ウィザードリィ外伝 五つの試練』が2006年発売から15年の時を経てSteamに...

コメント

タイトルとURLをコピーしました